優良企業の選び方とは

社会人のための転職先の選び方

2017/06/30

ブラック企業の見分け方

ブラック企業の見分け方

最近よく聞くようになった「ブラック企業」という言葉ですが、どういった企業のことを指すかご存知でしょうか。長時間労働やあきらかに無理のあるノルマを課し、残業代を払わなかったり理不尽なパワーハラスメントなどが日常的に起こっている企業をそのように呼びます。このようなブラック企業と呼ばれる企業を見極めるためにはどのようなポイントを確認したらよいのでしょうか。どのような企業が安全なのか見極める方法をご紹介します。

求人広告には注意が必要

どのような企業でも求人広告には良いことを記載します。うちはブラック企業ですと言わんばかりの過酷な労働を強いられるようなことが記載されていて就職したい人はいませんから、良いことばかり記載するのは当然です。求人広告だけを見ると一見、優良企業と勘違いしてしまいますから注意が必要です。もちろん良いことばかり記載されているからと言って全てがブラック企業と言う訳ではありません。見極めが必要です。

ブラック企業の売り文句の特徴

ブラック企業の年収は高く表示されていることが多いです。さらに出来が良ければそれ以上に昇給もあることなどが書かれています。未経験者でも親切丁寧に指導しますなど、誰でも簡単に高収入になれると取れるようなものは疑いましょう。実際には記載されている年収を大きく下回ってしまう企業があります。

ブラック企業を応募条件で見極める

ブラック企業の求人広告の多くは学歴不問、年齢は問いません、業務経験不問、未経験者歓迎など誰でも当てはまってしまうようなハードルの低さが特徴です。応募条件が低い企業は従業員を消耗品のように働かせるだけ働かせて、継続出来ないようであれば、また新しい従業員を雇い同じように過酷な労働を課して働かせるようなことを繰り返します。ですから応募条件を緩くして誰でも応募出来るようにしているのです。離職率が高い企業はブラック企業の可能性が高いですから事前に調べることをおすすめします。優良企業は、見合った給与、待遇、やりがいを保証してくれるのであれば誰でも良いなどの緩い条件は出さないはずです。

実力主義や成果主義

やりがいを全面に主張している企業には注意が必要です。頑張ればより稼ぐことが出来ると書かれている企業は高いノルマを課して達成出来なければ給与は上がるどころか減給される場合もあります。これもブラック企業と言えます。労働に対して評価などしようとは考えていません。どれだけ低賃金で働かせることしか考えていませんから、このように誰でも頑張れば稼げるなど書かれている求人広告には注意しましょう。

転職を悩んでいる人におすすめの記事

転職エージェントとは転職活動を支援してくれる機関です。在職中であればなかなか転職活動することが難しいでしょうが、自分の希望条件や職務経歴書を参考にコンサルタントが転職活動を手伝ってくれます。

転職は慎重に!

転職は慎重に!

転職エージェントを利用した転職活動が増えています。失敗しない転職をするためにどのような転職エージェントが良いのかなどをご紹介いたします。お問い合わせはこちらまでお願い致します。

Copyright © 2017 社会人のための転職先の選び方 All Rights Reserved.