求人の選び方のコツ「条件を明確にする」

社会人のための転職先の選び方

2017/05/03

転職希望条件を明確にしよう

転職希望条件を明確にしよう

転職を考えて求人先を探し出すと莫大な量の求人があり、なかなか絞るのが難しいと思ったことはありませんか?自分に合った、これといった求人が見つからず困ったことはありませんか?これらは転職活動をする際の準備不足が原因と言えるでしょう。転職活動する際は事前に準備することが大切です。

優先順位をつける

転職活動をする際は、なぜ自分が転職を希望しているのか考えましょう。希望条件が明確になってきたら、そのいくつかある希望条件の中に優先順位をつけましょう。まず第一条件があると思います。譲れないことでも構いません。その条件を満たしてくれる求人に絞り込みます。その絞り込んだ求人から次の条件を満たしてくれる求人をさらに絞り込んで行けば、自分の条件に合う、または、その条件に近い求人が定まって行くと思います。あれもこれも譲れない、給与は条件に合うが休みが少ない、休みは多いが通勤に時間がかかる、通勤の時間は近く便利で理想だが給与が低いなど、優先順位がついていないと、色々な求人にふり回されてしまいますし、自分も決めきれなく混乱してしまうことでしょう。
優先順位をつけることは自分のやりたいことを明確にすることとも言えます。自己分析をして自分を知りましょう。優先順位をつけることは転職活動をする上でとても重要です。後で後悔しないためにも優先順位は慎重に決めましょう。

希望条件の参考

仕事を決める際は様々な考え方があると思います。給与が高いこと、給与が低くても仕事のやりがいを優先する、環境や働きやすさを重視する、どれを優先するかは人それぞれ違います。参考までにいくつかの希望条件をご紹介します。会社の経営方針(企業理念に共感することが出来る、会社の規模が大きい、存続期間が長く安定性がある、設立したての会社で成長が期待出来る等)、仕事内容(保有している資格を活かすことが出来る、重労働ではない、充実感がある、設備が充実をしている、希望する市場や業界である等)、環境(車通勤可など通勤が楽、立地が良い、平均年齢が高いもしくは低い、離職率が低い、雰囲気が良い等)、制度の充実(教育に力が入っている、教育体制が良い、資格取得の支援がある、独立を支援してくれる、キャリアアップすることが出来る等)、給与面と福利厚生(給与の水準が高い、ボーナスが多い、退職金がある、出産や育児休暇の制度がある、年間の休日数が多い、長期休暇が取れる等)、以上が希望条件の参考例です。

最後に

優先順位をつけていくと自分では気付かなかったことに気付くこともあります。自分が一番望むことが変わることもあります。転職理由や希望条件を考える時は思いつきではなく、1つのことを掘り下げて考えてみましょう。全ての条件を満たしてくれる会社を見つけることは難しいかも知れません。しかし、待遇は入社前に交渉をさせてくれることもあります。ですから自分の優先順位は大切にしつつ、それだけに縛られないで自分に合った求人を見つけて下さい。

転職を悩んでいる人におすすめの記事

転職エージェントとは転職活動を支援してくれる機関です。在職中であればなかなか転職活動することが難しいでしょうが、自分の希望条件や職務経歴書を参考にコンサルタントが転職活動を手伝ってくれます。

転職は慎重に!

転職は慎重に!

転職エージェントを利用した転職活動が増えています。失敗しない転職をするためにどのような転職エージェントが良いのかなどをご紹介いたします。お問い合わせはこちらまでお願い致します。

Copyright © 2017 社会人のための転職先の選び方 All Rights Reserved.